ロックウェル硬さ試験

ロックウェル硬さ試験

ロックウェル硬さ試験は、素早く硬さ試験を行う場合に適した高速な試験方法です。ここでは、ロックウェル硬さ試験の定義と 実用的な使い方をご説明いたします。

ロックウェル硬さ試験の特長:

  • 一般的に大型の試料に使用
  • 光学装置で読み取らない
  • 高度な試験にも使用可能
  • 適合規格:ASTM E18、ISO 6508、JIS Z 2245
ロックウェルロ硬さ試験機一覧はこちらからご覧ください。

硬さ試験の換算表を見る

ロックウェル硬さ試験の定義

ロックウェル硬さ試験は、主に金属材料を使用する生産工場や研究所の「クイックテスト」に頻繁に使用されます。ただし、ジョミニー試験(一端焼入試験)など高度な試験にも使用可能です。使用される試験力が比較的重いため、ロックウェル硬さ試験方法は、より大型のサンプル形状に制限されます。

ロックウェル試験の算出方法

ロックウェル硬さ試験の算出(HR)は、ダイヤモンドまたはタングステンカーバイドボールによる圧痕の深さを測定することで算出されます。

圧子

ロックウェル硬さ試験が使用する 5 種類の圧子:
  • ダイヤモンドコーン
  • タングステンカーバイドボールのサイズ: 1/16"、1/8"、1/4"、1/2"

全試験力

ロックウェル硬さ試験が使用する 6 種類の全試験力:
  • 15 kgf、30 kgf、45 kgf、60 kgf、100 kgf、150 kgf

合計で、30 種類のロックウェルスケールが使用できます。特定の材料やアプリケーション(HRA、HRB、HRC、HR30N等)に合わせて、異なる圧子と全試験力の組み合わせがあります。

ロックウェル硬さ試験方法の定義

ロックウェル硬さ試験方法は規格、圧子種類、試験力によってスケールが異なります。

ロックウェル硬さ試験方法の事例:
  • HRE 1/8インチ直径タングステンカーバイドボール圧子、100 kgf全試験力
  • HR30N(ロックウェルスーパーフィシャル30Nスケール):ダイヤモンドコーン圧子、全試験力30 kgf

ロックウェルスケールの一般的な用途に関する概要

試験方法

ロックウェル硬さ試験の実施方法

表面処理


ロックウェル硬さ試験を実施する前に、試験する材料の表面処理を行います。ロックウェル硬さ試験に求められる試験面の条件は、使用する試験力によって異なります。

ロックウェル硬さ試験は、一般的に、1 kgf 以下の試験力を使用する試験として定義されています。したがって、マクロ硬さ試験に対しては素地表面で必要十分であるため、事前の表面処理が不要な場合もあります。

試験力

ロックウェル試験力表

  • 押込時間:2~6秒
  • サンプル厚 ASTM:それぞれの圧子の押込み深さの少なくとも10倍
  • サンプル厚 ISO:ダイヤモンド庄子:押込み深さの、少なくとも10倍タングステンカーバイド庄子:押込み深さの、少なくとも15倍

ジョミニー試験

鋼鉄の焼入性を判断するために使用される標準の試験方法であるジョミニー試験(一端焼入試験)は、ビッカースまたはロックウェル試験方法のいずれかを使用して実施できます。どちらを使用するか判断する際は、関連する規格および各試験に適用される基準を確認する必要があります。

ジョミニー試験の詳細については、ビッカース硬さ試験ページをご覧ください。

ロックウェル硬さ試験機(硬さ試験機)

ほとんどの品質管理工程において硬さ試験は重要な役割を担っています。幅広い試験に対応するため、研究向けの装置から、大規模生産工場向けの頑丈な硬さ試験機まで、様々なロックウェル硬さ試験機およびアクセサリを提供しております。 

Struersのロックウェル硬さ試験機はすべて、長寿命設計です。 

硬さについて

硬さ試験とは

金属などの材料における硬さ試験の方法について詳しい情報として、硬さ試験の詳しい定義、硬さ試験に使用される様々なアプリケーション、硬さ試験の準備方法、リソースのダウンロードなどについて紹介します。

硬さ試験について必要なすべての情報はこちらか

硬さ試験アプリケーションの注意事項をダウンロードする

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。