自動画像解析

自動画像解析について

物質組織学における自動画像解析は通常、微細構造画像に関するデジタルな定量的評価を指します。

定量的測定の対象は通常、長さ、幅、面積です。それらの測定内容は粒子サイズ、含有物、層、相、その他の成分などの物質組織学的な特性評価に使用されます。

画像のデジタル化により、統計的基礎を構築するための大量のデータ処理が可能になります。

ソフトウェア自動化

ソフトウェアオートメーションにより、手動による確認、計数、比較などの工程で浪費される時間消費を最小限に抑えます。これは次の2つの原理的に異なる方法により円滑化されています。

  • 幅広い解析のために通常、専門家により使用される高度な汎用ソフトウェア
  • 単独または幾つかの標準化された解析のために最適化された簡素な専用ソフトウェア

自動画像解析の実施方法

微細構造的特長の寸法を測定する自動画像解析の使用には、適用される規格に合わせて調整される場合、実施する必要のある6つの主要な工程段階が含まれます。
試料の選択

1.試料の選択

関心のある情報を含む代表的な試料を選択すること

試料作製

2.試料作製

自動画像解析システムを妨げることのない準備痕のない表面を確保すること。

画像照明とフィルタ

3.画像照明とフィルタ

コントラストを向上させ、焦点を確保します

画像のデジタル化

4.画像のデジタル化

アナログのライブ画像をデジタル化されたキャプチャへと変換します。

画像処理

5.画像処理

不要な情報を除去し – コントラストを高めるために、ソフトウェアフィルタにより画質を向上させます。

画像測定と結果

6.画像測定 – 定量化、算出、結果

完全な解析処理からの出力。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。