熱間埋込方法

熱間埋込方法

埋込の準備

  • 試料の洗浄
    埋込媒体への接着性を改善するために、埋込前に試料を洗浄する必要があります。洗浄にはアセトンまたは少なくともアルコールを使用してください。超音波浴での洗浄が必要になる場合もあります。試料を必ず良く乾燥させてください。試料を洗浄する際には手袋またはピンセットを使用してください。
  • 試料サイズをシリンダサイズに調整します(シリンダ壁への距離3~5 mm)
  • 試料高さを調整します – 埋込の最終的高さは約20 mmにしてください
  • 最適な熱間埋込樹脂を選択してください

熱間埋込工程

埋込工程クリップ

熱間埋込 - 工程クリップ

熱間埋込工程中、金属製支持クリップを使用して小さく薄い試料を固定できます

埋込工程シリンダ

熱間埋込 - 工程シリンダ

清潔で乾燥した試料を埋込プレス機の埋込シリンダ内に置き、適切な埋込樹脂を加えます。試料の埋込中、約180°Cの温度と約250 barの圧力が加えられます。埋込時間を最短にするためには、水冷が使用されます

次のような2種類の熱間埋込樹脂があります:

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂

温度上昇時に硬化する熱硬化性樹脂。多孔質で不均一な埋込を防止するために、圧力を常に一定で適切なレベルに維持することが重要です。埋込の硬化後に試料を除去するための唯一の方法は埋込を破壊することです。

熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂

熱可塑性プラスチックは温度上昇時に軟化し、冷却時に硬化します。この樹脂種類は圧力に敏感な試料を埋込むために使用できます。最初に埋込媒体を加熱し、次にその媒体の軟化時に圧力にさらします。この操作により、埋込媒体が開口孔と亀裂に圧入できるようになります。

熱可塑性埋込媒体は再度溶かすことができます。

予熱

予熱

鉱物または電子部品などの多孔質または圧力に敏感な試料の場合、圧力を加える前に加熱により樹脂を軟化させることをお勧めします。予熱は熱可塑性樹脂を適用するときにも有効です。

センシティブモードを使用すると、加熱時間を予熱と加熱の2つに分割します。圧力は加熱段階にのみ適用され、予熱段階には適用されません。

温度に敏感な試料

温度に敏感な試料

埋込工程の温度は全ての樹脂に対して最低で150°Cまで下げることができます。このことは温度に敏感な素材を処理するときに有利です。温度を下げる場合、推奨される加熱時間をその分増加させてください。

面取りラム:

面取りラム:

埋込試料は準備表面を傷つける可能性のあるエッジ部を持っている場合があります。これは面取りされたエッジ部を持つ下部のラムを使用することで対処できます。また、面取りされた下部ラムにより、硬質なサンプルが埋込ユニットシリンダを破損させるリスクを排除します

樹脂の選択 / 選択ガイド

必要な結果を得て、埋込要件を満たすためには、樹脂/埋込媒体を選択することが非常に重要です。

本ガイドの目的は様々な熱間埋込材料に関する詳細な情報、ヒント、使用方法を提供することです。熱間埋込選定ガイドを見る。

熱間埋込選択表

トラブルシューティング - 熱間埋込

問題

放射状亀裂
詳細表示
原因:
試料のエッジ部/コーナー部とシリンダ壁間の距離が不十分、または試料に鋭いコーナー部がある。
ソリューション:
シリンダ直径を増加させる、または試料サイズを減少させる。樹脂内の亀裂を防止するためには、試料とシリンダ壁間の距離を最低3 mm空けなければなりません。このことは、特に鋭いコーナー部のある試料にとって決定的に重要です。
収縮
詳細表示
原因:
樹脂の選択が不適切。
ソリューション:
より低い線収縮値の樹脂を使用して新しい試料を再埋込する。
ブリスタリング
詳細表示
原因:
加熱時間が不十分。
ソリューション:
加熱時間を増加させる、または工程温度を増加させる。

原因:
過度に硬化した表面。
ソリューション:
工程温度を減少させる。

原因:
埋込内の気泡形成。
ソリューション:
樹脂を予熱する。
バルジング
詳細表示
原因:
冷却が不十分。
ソリューション:
冷却時間を増加させる。
多孔性
詳細表示
原因:
過度の温度。
ソリューション:
工程温度を減少させる。
大型埋込内の穴・隙間
詳細表示
原因:
加熱時間が不十分。
ソリューション:
加熱時間を増加させる。

原因:
過度の温度。
ソリューション:
工程温度を減少させる。

原因:
力/圧力が不十分。
ソリューション:
埋込の力/圧力を増加させる。
光沢のない表面仕上げ
詳細表示
原因:
加熱時間が不十分。
ソリューション:
加熱時間を増加させる。
埋込とラムの接着
詳細表示
原因:
離型剤の適用が不十分。
ソリューション:
離型剤を適用する。離型剤は埋込工程の開始前に、薄層として埋込ラムに必ず適用しなければなりません。これにより、樹脂がラムに付着することを防止し、その後の埋込の除去が容易になります。

原因:
加熱時間が不十分。
ソリューション:
加熱時間を増加させる。

原因:
力/圧力が不十分。
ソリューション:
埋込の力/圧力を増加させる。
埋込上に粒子が確認できる*
詳細表示
原因:
樹脂が力/圧力を加えられずに硬化した。
ソリューション:
加熱サイクル中の力/圧力を増加させる。

原因:
加熱時間が不十分。
ソリューション:
加熱時間または加熱温度を増加させる。

*熱硬化性樹脂の場合のみ
シトプレス 消耗品

消耗品をお探しですか。

弊社のe-ショップから直接消耗品をご注文ください

e-shopで消耗品を見る。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。