特別な用途

特別な用途について

従来の材料微細構造の原理は、単一用途の特定の課題に対して微調整できます。

専用のソリューションが使われることが多いものの、単一用途の問題を解決することにより、別の用途の同様の課題のソリューションが生み出せることもあります。

マイクロエレクトロニクスと CMR

マイクロエレクトロニクスと CMR

寸法が非常に小さく、材質組成が複雑で、試験用の関心点が非常に具体的なコンポーネントは、マイクロエレクトロニクスの微細構造と特徴付けられています。専用の設備および付属品のCMR(材料除去量制御装置)は、材料微細構造検査用試料作製(切断、埋込、研磨、琢磨)における従来の原則と組み合わせてこの用途で使用されています。

製造現場における材料微細構造検査用試料作製

製造現場における材料微細構造検査用試料作製

構造部品または簡単にアクセスまたは移動できない大型部品で、試験後正常な状態である必要のある部品は、現場で材料微細構造をテストします。特別な複製技術および特殊な製品によって、試料を切断しなくても微細構造試験が可能です。

鉱物と薄片

鉱物と薄片

試料作製方法の選択時に構造的なアプローチを行うことで、自然素材で多重構成の試料に材料微細構造を適用することができます。この特殊用途で培ったスキルは、自動化おおび再現可能な製品および方法で置き換えることができます。

透過型電子顕微鏡

透過型電子顕微鏡

電子利用可能で機械的衝撃の影響を全く受けない超薄試料の作製は、特殊な材料微細構造の課題です。専用装置による電解研磨は、このタスクの問題に適したソリューションです。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。