製造現場における材料微細構造検査用試料作製

材料微細構造検査用試料作製

従来の材料微細構造検査用試料の作製では、代表的な 試料 を材料またはその一部から切り取ることが必要でした。しかし、この方法では、検査対象の構成部品を破壊することになり、必ずしも適当ではありません。非破壊式試料作製法なら、検査対象を損傷せずに、または損傷を最小限に抑えて、必要な検査を製造現場で行うことができます。

ストルアスの軽量な携帯装置および高度なレプリカ技術を採用すれば、高品質画像を取り込んだり、作製面のレプリカを使用することで、検査対象に損傷を与えることなく、作業面を完全に評価することができます。

製造現場で材料微細構造検査用試料作製および試験を行うことは、特に発電所、航空機の製造、化学薬品工場、石油掘削基地などにおける品質管理、検査、および不具合分析において非常に重要です。

製造現場における材料微細構造検査用試料作製の仕方

機械的試料作製

機械的試料作製

非破壊検査は、必要な検査を製造現場で行うことができます。研磨、琢磨、およびエッチングなど、後続の表面検査のための非破壊検査 (NDT) 用試料作製は、通常、損傷のない、あるいは損傷が最小限となる箇所のエリアに限定して行われます。非破壊検査は、必要な検査を製造現場で行うことができます。

電解試料作製

電解試料作製

電解試料作製は、特に非破壊式鋼質試験において迅速かつ効率的な方法です。直接重要な面に適用できるため、溶接部やその他の接合部など、大型装置の重要な部品の金属安全性検査で幅広く採用されています。この方法は、微細構造の変化を効率よく表します。

ゴム製レプリカを作製方法

ラボ試験用レプリカ作製法

ラボで顕微鏡検査を行う場合は、レプリカを作製する方法が適しています。レプリカ (複製) を使用して、幾何学的形状のネガティブコピーを作製し、最大倍率 500 倍の光学顕微鏡で金属組織試料を作製した後の微細構造を見ることができます。また、粒子、封入、溶接など、微細構造のレプリカの作製にも便利です。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。