Academy details

11/18開催:大型試料切断の事例紹介と切断工程におけるトラブルシューティング

​焼入のギアやクランクシャフトは、大型で形状が複雑なため、効率的な切断が難しい試料として知られています。様々な切断時の課題をクリアにし、微細構造検査に適した試料作製を短時間、高品質に行うことが求められます。

録画版を視聴

Recorded Webinar

11/18開催:大型試料切断の事例紹介と切断工程におけるトラブルシューティング

​焼入のギアやクランクシャフトは、大型で形状が複雑なため、効率的な切断が難しい試料として知られています。様々な切断時の課題をクリアにし、微細構造検査に適した試料作製を短時間、高品質に行うことが求められます。

本ウェビナーでは、クランクシャフトなどの自動車部品の切断事例を交えながら、大型試料をターゲットとした自動切断機、マグナトム-5000とアキシトム-5/400の優れた機能をご紹介致します。さらに、試料をクランピングする際の注意点や切断前の確認事項、切断時に発生しやすいトラブルシューティングについてレクチャー致します。

 

なお、1115日にストルアス本社にてリリース(予定)の新製品:手動切断機、ラボトム-20の新規機能についてもカバーします。

 


1
時間のオンライン無料レクチャー 受講には事前にご登録が必要になります。

・自動車部品などの大型試料の切断にご興味のある方
・切断対象箇所が複数あり、切断時間の短縮をご検討されている方

・切断の際のクランピングのコツやトラブルシューティングについて知りたい方

Course Information

  • Topic

    General materialography

  • Language

    Japanese

  • Availability

    Many

Time and place

  • Start

  • End

  • Add to calendar

Additional information