鉱物と薄片

鉱物と薄片について

石類、鉱物、セラミック、および生物試料の試料作製には以下の目的があります。

  • 石類の分類
  • 鉱物の特定とマッピング(年代測定または探査)
  • 分析(重要なトレース要素、テクスチャ調査、同位体組成など)
  • 流体包有物の調査
  • 微化石の調査
  • 石構成成分の調査(多孔性、浸透性など)
  • 骨格/歯のテクスチャと年代の調査

試料の種類

試料の種類は次の 4 種類に分類されます。

  1. 薄片 (30µm) (+ カバーガラス) - 透過光または電子顕微鏡/プローブの試験用
  2. 研磨済み薄片 - 反射光または電子顕微鏡/プローブの試験用
  3. 厚片 (~100µm) - 反射光または電子顕微鏡/プローブの試験用
  4. 琢磨したブロック/埋込 - 反射光または電子顕微鏡/プローブの試験用

試料タイプ 1)+2)+3) すべてに微細構造の観点から見た「特殊要件」があります。これら 3 種類の間では、表面仕上げおよび試料の厚さによる特性が異なります。

試料タイプ 4 は、要件において、より従来の微細構造に近い試料です。

鉱物が同じ材料は、すべての試料作製手順おいて材料の特性が決断材料となるため、4 種類の試料に対して同様の試料作製方法が採用されます。

鉱物と薄片の試料作製の仕方

薄片の取り扱い

薄片の製造は、高度な特殊機械が必要な多重処理です。
試料の種類によって、装置、消耗品、作業手順および方法を組み合わせます。ここでは、一般的な作業手順を説明します。鉱物試料は以下に詳しく説明されています。

  1. 大きな切断面から試料を取り出す
  2. 試料を切断する(20x30x8 mm など)
  3. 試料を研磨またはラッピングして完全に平滑にする
  4. スライドガラスを研磨して厚さを調整し、完全に平滑にする
  5. 真空含浸で試料をスライドガラスに固定する。
  6. 余分な試料材料を切断し、厚さを 0.5-2 mm にする。
  7. 薄片を 80 µm の厚さに研磨する
  8. 切断面と樹脂の最終的な厚さが 30 µm になるよう研磨またはラッピングします。
  9. 薄片を琢磨して約 10 µm 取り除きます。

ブロック/埋込を琢磨する方法

琢磨したブロック/埋込の試料作製は、その他の材料の試料作製とほぼ同じです。試料を特殊な大きさに切断し、スライドガラスに接着させる手順は、作業手順に含まれていません。この種の試料は、従来の 4 ステップ処理で行い、各ステップのパラメータおよび消耗品は材料の種類に合わせて慎重に選択します。
切断による試料管理

1.処理可能な大きさおよび形状に試料を切断する

埋込(必要な場合)

2.処理可能な形状または試料保護のために必要な場合は埋め込む。

研磨ラッピング

3.研磨/ラッピングして表面の損傷を取り除き、平坦性を達成させて、琢磨の準備をする。

真の構造を露出させる研磨

4.研磨して真の構造を露出させ、表面の反射性を達成する。

ブロック/埋込を琢磨する方法

琢磨したブロック/埋込の試料作製は、その他の材料の試料作製とほぼ同じです。試料を特殊な大きさに切断し、スライドガラスに接着させる手順は、作業手順に含まれていません。この種の試料は、従来の 4 ステップ処理で行い、各ステップのパラメータおよび消耗品は材料の種類に合わせて慎重に選択します。
モース硬度表

硬度

硬度は、岩石の15%以上を占める最も硬い鉱物によって決まります。

キューブは、3レベルの硬度 (モース)を表す3つの2次元チャートに区分されます。
- 軟質 (1-3)
- 中質 (4-6)
- 硬質 (7-10)

岩石の同質性/異質性は、鉱物の大きさでは決まりません。岩肌の「テクスチャ」と関連があり、鉱物の粒径および周辺の外観に関連します。つまり、すべての方向で構造的および組成的に「均一」(一定のパターン)である場合、その岩石は均質性という特性があると言えます。

圧密

圧密

物理的に強くより固くさせるもの
圧密: しっかり密着している – 材料を強く、固い/塊状にする

連結した粒子、破砕/孔がない
非圧密: 「ゆるい」 – 多孔質 - 割れやすい – 粒子が連結していない

均質

均質

均質および不均一は、材料の均一性に関連した概念
均質物質は、組成または性質が均一で特性が似ている
不均一物質は、資質が明らかに異なる

ブロック/埋込を琢磨する方法

琢磨したブロック/埋込の試料作製は、その他の材料の試料作製とほぼ同じです。試料を特殊な大きさに切断し、スライドガラスに接着させる手順は、作業手順に含まれていません。この種の試料は、従来の 4 ステップ処理で行い、各ステップのパラメータおよび消耗品は材料の種類に合わせて慎重に選択します。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。