Automation Top

自動化により微細構造検査の最大の課題を解決

産業における自動化を考えるとき、人々はロボットアームが車を製造している様子を思い描く傾向にあります。しかし、この技術は生産プロセスの他の多くの分野でも重要な役割を果たします。消費者の需要が増加する中、企業は競争力を維持するために、効率性と一貫性に関する課題を克服する新しい方法を見つけなければなりません。ここで自動化がその答えになる方法をご紹介します。

微細構造検査の至高の目標 - 再現性

多くの企業にとって、製品品質の一貫性は競争力を維持するために不可欠です。たとえば、自動車産業の場合、製品中のごく小さな異常でも生命を脅かす結果を招く可能性があります。無視するにはリスクは大きすぎます。その結果、その材料組織の試料作製工程は、可能な限り効果的に実施されなければなりません。ここで再現性が重要になります。再現性のある工程であれば、信頼性の高い結果が得られます。

自動化により、結果に影響を与える可能性がある人的介入(人為的ミス)が最小限に抑えられるため、再現性が大幅に向上します。定義上、装置は常にまったく同じ方法で同じ作業工程を実行するため、精度と再現性が向上します。これは当然、確実性、効率性、品質管理の向上につながります。そして、評判と信頼が不可欠である競争の激しい市場では、これは成功と失敗の違いを意味しています。

スループットのニーズに対応

あまり遠くない未来において、統合は、少数の製造業者が多くの異なる生産拠点でより大きなバッチを生産することを意味します。

「これにより、世界中で一貫した製品品質を提供するという大きなプレッシャーがビジネスに課せられます。このため、「理想的にはコストを増大させずにスループット、精度、効率の向上を実現するソリューションが求められています」とインダストリアルダイナミクスと定量的手法の助教授のジJacob Rubæk Holm氏は述べています。

これが多くの微細構造ラボがスループットの問題を解決するために自動化に取り組んでいる理由です。特により反復の多い工程では、自動化は経営陣の主な懸案である生産停止を最低限に抑えながら、短時間、少人数で計画された数の試料を提供する信頼性の高い方法です。

標準化による最適化

また、自動化された機器によって、ラボはより確実に工程の標準化を進めることができます。これは、再現性に影響を与えるもう 1 つの重要な要素です。自動化により、品質結果を犠牲にすることなく、別の作業者がタスクを引き継ぐことが容易になります。また機械は人と違って、特定の工程に厳密に従わないことはありません。これにより、効率性が向上し、無駄が減り、工程における不確実性要素を排除することができます。

さらに、より標準化された工程によって、ラボは結果に必要な確実性が得られるだけでなく、そのメソッドに対する深い洞察も得られます。この作成データは、工程やメソッドの最適化などのさまざまな方法で技術者に使用され、監査証跡の文書化や定期メンテナンスを計画する上で大変貴重です。

製造をとても簡単にします。

自動化は、従業員の生産性向上にも役立ちます。作製工程を人の手から遠ざけることで、ラボの技術者は、分析など、他の貴重な作業に集中する時間を増やすことができます。

新世代の自動装置は使いやすく、オペレーターの安全性を高めるだけでなく、必要なトレーニングも少なくて済み、より多くの人が使用することができます。もう一つの忘れられがちな要因は、作業者の精神状態の良さがあります。作業者の仕事がより簡単で安全でプレッシャーが少なく、精神的負担が少なければ、自然に生産性が高まることがよく知られています。

専門家のサポートが違いを生む分野

ただし、自動微細構造検査工程の導入は、装置を購入してスイッチを入れるだけではありません。お客様のニーズを理解し、お客様が適切な装置を所有していることを確認し、工程に関する洞察を共有できるスペシャリストパートナーと協力することが最善です。これらの要素が組み合わさると、自動化工程の利点はその価値を示し始めます。

さらに、多くの製造事業のグローバルな性質により、複数の製造工場が世界中に存在することがよくあります。すべての製品が同一で、非常に要求の厳しい仕様を満たすことを保証する必要がある場合は、生産ライン全体で微細構造検査工程を標準化することが重要です。そのため、お客様の場所に関わらず、必要な時に、一貫した専門知識と同じ装置を提供することができる微細構造検査パートナーがいることが重要になります。

成功の原動力

自動化は、過去100年間に大きな進歩を遂げ、現在では、ビジネスが生産工程全体で効率性、一貫性、品質を維持する上で中心的な役割を果たしています。ストルアスのような微細構造検査の専門家は、これらの利点を直接ラボにもたらし、企業が課題を解決し、さらに高い確実性を実現することをお手伝いします。

「自動化は、かってないほど多くの分野で有益であることが実証されています」とストルアスのビジネス開発担当副社長のStig Quistは述べています。「自動化の次に何が起こるかが興味深い点です。機械学習などの分野は、この技術の多様性を変化させ、新たな可能性の扉を開きます。

「確実なことは、お客様が生産を合理化し、リーン生産のような戦略を実施し、ビジネスのあらゆる側面に高い効率性と品質を導入しようとする中で、自動化は成功を支える原動力の 1 つとなるということです。ストルアスは、その実現に必要な専門知識とソリューションを持っています。」

自動化に関する詳細はこちら

その他の 記事 で、微細構造検査における自動化の利点や ストルアスの詳細 をご覧ください。また、パートナーとして、お客様のニーズをどのようにサポートできるかについてもご紹介します。

弊社の自動化ソリューションを見る

マグナトム 5000

マグナトム-5000

  • 直感的なアイコンベースのプログラミング
  • シミュレータ機能
  • アキシオウォッシュ自動洗浄

マグナトム-5000は、非常に複雑な切断面をマッピングし、各切断面毎にシュミレーションし、切断位置の確認、修正が可能です。

詳細を見る。
テグラミン 高品質試料を作製するパワフルな試料作製システム

Xmatic

  • 全自動化による最高の再現性と効率
  • オペレーターの介入を最小限に抑え、作業環境の安全性を向上
  • 人為的ミスを排除し、 工程のばらつきを削減

自動化だけが提供できる再現性

詳細を見る。
Approachable application specialists

私たちはお手伝いします

品質管理、故障解析、材料科学、学術研究を改善するには、当社のアプリケーションスペシャリストにお問い合わせください。または、準備方法、材料、または業界関連の問題について具体的な質問がある場合。私たちはあなたを助けるためにここにいます。

私たちのチームを見る