Struersの自動車関連ソリューション

最新情報:自動車業界について、ストルアスの最新情報をご覧ください。

ストルアスでは、自動車産業の微細構造検査において、大きな課題から、日々の業務における小さな問題まで、日々解決案を研究しつづけております。ここには、その結果を掲載しております。皆様の作業工程を最適化するためにご使用いただければ幸甚です。

詳細を見る。

最新の調査結果はこちらから:

Welding

品質保証のために効率的に溶接部を作製する方法

自動車産業の溶接接合技術は、日々進化し続けております。 部品形状や素材はさらに複雑化し、溶接部はさらに小さくなっています。 品質保証検査に使用される溶接部の試料作製を迅速で効率的に行うために、最新微細構造検査技術をご覧ください。

Sparkplug

スパークプラグを正確に切断する方法

スパークプラグの検査では、コンポーネントの中央を正確に縦方向に切断する必要があります。 長い円筒形状を正確に切断するためには、確実に固定して、切断幅を最小限に抑えることが重要です。 このソリューションは、正しいクランプおよびカットオフホイールによる精密な切断をご紹介します。

Steering rack

ステアリングラックの硬化プロセスを確認する方法

高周波焼き入れの生産ラインは大量の試料を作製するため、待機時間が生じると、コストは増大します。ゆえに待機時間の短縮が課題です。 ステアリングラックの焼き入れ工程の検証は、その材料特性が極めて重要な構成部品の 特定領域に対するCHD測定によって実施されます。

Crankshaft

わずか90分で複雑なクランクシャフトを切断する方法

複雑な形状のクランクシャフトは切断が容易ではありません。 複数の切断を行うためにシャフトを並べるのは困難で、クランプのやり直しは時間がかかります。 自動化により、再現性を確保。微細構造検査用にクランクシャフトの試料を作製する際、合計切断時間を90分まで短縮するソリューションをご紹介します。

CV joint

CV 接続部の切断時の挟み込みを避ける方法

CV 接続部の形状と切断部の面積によって切断が難しく、硬化処理された材料からの内部応力によって切断ホイールの挟み込みが生じる恐れがあります。 このソリューションは、硬度をテストするためのスマートクランプと自動機器を使用して再現可能なプロセスをご紹介します。

Lithium Ion Battery

リチウムイオンバッテリーの切断時の剥離を避ける方法

リチウムイオンバッテリーの寿命は、粒度の違いや、層の厚さの違いなどの微細構造要素が大きく影響します。 このような特性をもった材料で精度の高い製品を生産するためには、専門的な知識から生産プロセスのパラメータを最適化することが必要不可欠です。

iStock

ギアの表面硬化を評価する際の手作業をなくす方法

ギアには様々な大きさと形状があり、耐摩耗性を高めるために硬化処理されています。 ヘリカルギアの切断作業には、歯の表面に切断ホイールを挟み込む危険がないか垂直検査を行う必要があります。 このソリューションでは、再現可能なプロセスをご紹介します。

Paint layer

対象物を削らずに欠陥塗料層を評価する方法

自動車ビジネスの高品質基準を満たすには、高い生産性と効率の良い塗装作業が重要です。 必ずしも目視可能である必要のない塗装層の小さな欠陥の評価は自動化ソリューションで行われ、試験に関連するターゲットを研磨するリスクをなくします。

ストルアスの装置とサービスに信頼を寄せるグローバルブランド

数多くの企業、大学、研究組織とストルアスの間で強力パートナーシップを構築することができました。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。