7 ways

最適な切断面作製のために切断液を最適化する7つの方法

切断液の品質は、断面の品質を決定すると共に、試料に与える構造的損傷のリスクも決定します。

このガイドは、以下の方法を説明します。

  • 最適な切断混合液の作り方
  • 腐食と細菌増殖の制御と、最小限の抑制
  • 切断液の無駄な消費の回避

ガイドをダウンロード

切断面作製の品質を決める切断液の品質

切断液の品質は、切断処理能力において非常に重要です。 切断面作製用添加剤の濃度と種類、水質、微生物汚染、溶解ミネラルの含有量などの要因はすべて、切断液の品質に影響を与えます。

水質は、水の硬さ(カルシウムとマグネシウムの量)とpH値で決定されます。 7.0に近いpH値と可能な限りカルシウムとマグネシウムの含有量を可能な限り抑える。
微生物汚染とは、細菌とカビの増殖です。 切断液最上部、容器の隅、水面真上に、カビ/細菌の薄膜、悪臭があるかを確認してください。

切断液を最適化する7つの要因:

1. 作業に適したタイプの切断面作製用添加剤を選択する

切断面作製および研磨用の切断液

研磨砥石で切断面作成と研磨の両方に最適な切断液が欲しい場合は、クーリ添加剤が、最適でコスト効率の高い選択です。

高スループットの切削液

非常に高いスループットの作業には、高性能切断液クーリ添加プラスが最適な冷却とトップパフォーマンスの両方を実現します。 クーリ添加プラスは、研磨用ではありません。

2. 切断液は最後に作る: 適切な混合にする

切断液を新しく混合する際は、次の3つが重要です。
  1. きれいな循環タンクを使う。 循環タンクがきれいか確認します。 これには、ユニットクリーンが使用できます。
  2. 混合水の水質。 混合する水の水質が良質であることを確認します。 推奨値:

     Cooli Additive

  3. 適切な濃度で添加剤を使用する。 正しい濃度のクーリ添加剤またはクーリ添加プラスが切断液に加えられていることを確認します。 推奨濃度はボトルに記載されています。

これらの基準が満たされていれば、良好で長持ちする切断液のベースが作成されます。

3. クーリ添加剤の濃度を測定することにより、腐食を防止し、泡を最小限に抑える

最良の結果、最も長い寿命、および最高のコスト効率を達成するための、切断液を露出させる5つの簡単なテストがある。 そのうちの一つは、クーリ添加剤の濃度を測定することです。

  • 濃度を測定する。 屈折計を使用して、切断液の Brix 値の測定を開始します。 推奨濃度は 4.0%、許容濃度は 3.0~6.0% です。 測定濃度がこの範囲を超える場合は、必ず修正してください。
  • 濃度が低すぎる場合: 濃度が低すぎる場合は、冷却添加剤を追加します。
  • 濃度が高すぎる場合: 濃度が高すぎる場合は、希望する濃度になるまで、脱塩水を追加します。
クール添加剤の濃度は、Brix 値 (クーリ添加剤は 2.4、クーリ添加プラスは 2.2) を屈折計係数を掛けて算出されます。

ConcCooli 添加剤 = OBrix * 2.4
ConcCooli 添加プラス = OBrix * 2.2

4. pH 値を管理して腐食を最小に抑える

切削液のアルカリ度は、冷却タンクの腐食防止と機械部品の切断に重要です。 溶液を混合する場合の混合水の pH は、最終切断液の pH 測定値にとって重要です。 切断液の pH 値は、8.5~10.5 にします。 pH は、pH ストリップで簡単に測定でき、クーリ添加剤とクーリ添加プラス、または pH メーターで囲まれています。

5. 水の硬度を制御して切断液成分の余分な消費を避ける

冷却水が硬すぎると、切断液中の重要な成分の一部の消費が顕著となり、発泡生成と添加剤の効率の低下が生じます。

蒸発した水を水道水で補給すると、冷却水の硬度が上がります。 そのため、硬度値を測定し、脱塩水を追加してください。

水の硬度は、クーリ添加剤とクーリ添加プラスで覆われた水硬度ストリップを使用して測定することができます。 測定値がストリップ測定システムの基準を超えた場合、再循環システムは、低硬度水 (好ましくは、脱塩) を加えることによって調整できます。 切削添加剤の測定値が高濃度 (6.0%以上) の場合は、切削液を変える方法もあります。

6. 切断液における細菌の成長を確認して泡や腐食を避ける

切削液リザーバーの微生物学的作用を制御することが重要です。 細菌と真菌の両方において、切断液の成分を代謝することが問題です。 その結果、バイオフィルム/粘液が大量に発生し、発泡と表面の粘着性の両方、ならびに短鎖有機酸の形で二次代謝物を引き起こす可能性があります。 短鎖有機酸は、切断液の pH を減少させる原因となり、腐食のリスクを高めることがあります。 また、大量の細菌や真菌が機械を操作する人の健康上の問題を引き起こす可能性があります。

pH 値が 8.5 未満に減少した場合、それを切断添加剤における細菌増殖の指標とすることができます。 その場合、細菌の成長を測定し、テストが陽性である場合は、切断液を変更することをお勧めします。

このほかにも、細菌の成長の兆候は、切断液の悪臭や表面の真菌/細菌膜が発生していることで判断できます。

ディップスライドテスト

細菌の増殖を測定するには、ディップスライドテストを使用します。 ディップスライドスティックには、片側に細菌のための成長培温と反対側の真菌が含まれています。 ディップスライドテストキットは、容易に入手できます。

7. 発砲テスト: 問題となる種類か?

切断液の発砲は、一般に、以下の望ましくない理由があります。

  • 泡は潤滑が悪い。
  • 泡は冷却が悪い。
  • 泡はろ過効率を低下させる。
  • 発泡体は、化学臭の発生や噴霧を難しくする。
つまり、発砲が生じると切断液の効率が低下し、切断機または再循環ユニットのオーバーフローを引き起こし、最終的に湿気の多い不健康な作業環境を引き起こす可能性があります。

2 種類の泡: 機械的および化学的に関連する

2 種類の基本的な発泡: 機械的および化学的な関連 機械的に関連する泡は、安定が悪く、通常は直ぐに粗油滅して、それ以上の問題を引き起こすことはありません。

一方、化学的に関連する泡は消滅に長い時間がかかり、泡が多いと冷却が低下するという課題が生じます。

3 段階ボトルテスト

機械的および化学的に関連する泡を区別するためには、発泡体の安定性をテストします。そのための、簡単なテストがあります。 これは、ボトルテストと呼ばれています。

  1. 空のボトルの 50% まで切断液を入れます。
  2. 15秒間振り、30秒待ちます。
  3. 泡を確認します。 生成された泡が安定している場合は、発泡が化学的に関連していることを示しています。切断液を交換してください。

ガイドのダウンロード
6 common troubles

切断速度と効率を改善するための6つの方法

迅速で効率的な試料分析は、正しい切断機選びと切断面作製から始まります。 切断を正しく行い、試料品質を改善し、工程の次の手順で時間を節約してください。

  • お客様の切断精度を改善してください
  • 再現性を向上させてください
  • お客様の切断と切断面作成の速度を向上させてください

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。