ブリネル硬さ試験

ブリネル硬さ試験

ブリネル硬さ試験は、粗いまたは不均質な粒子表面を持つ大きな材料に適した試験方法です。このページでは、ブリネル硬さ試験についての詳細と、実用的な使用方法をご説明いたします。

ブリネル硬さ試験の特長:

  • 大型試料向け硬さ試験
  • 光学装置による読み取りが必要
  • 適合規格:ASTM E10、ISO 6506、JIS Z 2243

ブリネル硬さ試験機の一覧を見る

硬さ試験の換算表を見る

ブリネル硬さ試験の定義

ブリネル硬さ試験は、1800年代の後半にスウェーデンのエンジニアであるブリネル氏が開発しました。彼は、鋼鉄の品質および硬さを制御する方法を探していました。最終的に、線路のホイールベアリングボールを材料に押し込み、痕跡の大きさを測定する方法が生み出されました。この方法の信頼性が証明され、1900 年に正式にブリネル硬さ試験が誕生しました。

現在、ブリネル試験は、ブリネル硬さ試験機を使用して実施されています。試験機は、タングステンカーバイドボールを試料に押し込み、庄痕の直径を光学装置で測定します。
  • 庄子のサイズ:1、2.5、5、10 mm
  • 試験力:1 kgf ~3000 kgf
  • 最大硬さ:650 HBW

大型試料向け硬さ試験

ブリネル硬さ試験(HBW)の庄子は比較的大きな圧痕を残すため、ブリネル硬さ試験は、鋳物や鍛造物など、粗い、不均質な粒子構造を持つ大きな試料に適しています。

さらに詳しく知る

HBW とは、Hardness Brinell Wolfram「ブリネルタングステンカーバイドの硬さ」の略字です。ブリネル硬さ試験は、現在超硬合金球を使用すること(HBW)になっています。以前は、鋼球の利用(HBS)も認められていました。押し込む球の材質の違いによる・HBW:超硬合金球 1500HV以上、・HBS:鋼球 850HV以上

ブリネル硬さ試験の実施方法

ブリネル硬さ試験を実施する前に、試料の試験面を処理する必要があります。

表面処理

試料をブリネル硬さ試験する前に、以下のいずれかの処理を行う必要があります。
  • 加工
  • 琢磨
  • ラッピング
  • 研磨

試験力

ブリネル試験力表
  • 押込時間:10~15秒
  • サンプル厚 ASTM:押込み深さの少なくとも10倍
  • サンプル厚 ISO:押込み深さの少なくとも8倍

最も一般的なブリネル硬さ試験方法

材料および硬さ範囲に対応して、様々なブリネル硬さ試験方法があります。ほとんどの試験は、ブリネル硬さ試験機を使用して行われます。

ブリネル試験方法は一般的に、異なるグループの材料にそれぞれ適した 4 つのサブグループ(HB30、HB10、HB5、HB2.5)に分割されます。
  • 各サブグループには、同じ力/直径比(F/D22)がt器用されます。
  • 測定されたブリネル硬さは個別のサブグループ内でのみ比較可能です。


* この表には典型的な材料のみを例として記載しています。

説明

  • HBW 2.5/187.5:ブリネル2.5 mmタングステンカーバイドボールと187.5 kgfの試験力。
  • HBW 5/750:ブリネル5.0 mmタングステンカーバイドボールと750 kgfの試験力。

ブリネル硬さ試験機(硬さ試験ユニット)

ほとんどの品質管理工程において硬さ試験は重要な役割を担っています。Struersが幅広いブリネル硬さ試験機とアクセサリを提供する理由はそこにあります。

Struersのブリネル硬さ試験機はすべて、長寿命設計です。
製品

デュラミン-4:手動微小または手動微小&マクロのデュアル硬さ試験機
試験力範囲:9.807mN~19.61N(10 gf~2 kgf)、9.8N~612.9N(1 kgf~62.5 kgf)

デュラミン-40:半自動または全自動微小&マクロのデュアル硬さ試験機
試験力範囲:10 gf ~ 10 kgf、10 gf ~ 31.25 kgf、1 gf ~ 62.5 kgf

デュラミン-100:全自動ユニバーサル硬さ試験機
試験力範囲:10 gf ~ 62.5 kgf、10 gf ~ 150 kgf、10 gf ~ 250 kgf

デュラミン-600:半自動ユニバーサル硬さ試験機
試験力範囲:1 ~ 250 kgf、3 ~ 750 kgf、5 ~ 3000 kgf

デュラミン-650:半自動または全自動ユニバーサル硬さ試験機
試験力範囲:1 ~ 250 kgf、3 ~ 750 kgf、5 ~ 3000 kgf

デュラミン-3000:シングルタスクのブリネル硬さ試験機
試験力範囲:62.5 ~ 3000 kgf

デュラミンシリーズの硬さ試験機の一覧はこちらから

硬さについて

硬さ試験とは

金属などの材料における硬さ試験の方法について詳しい情報として、硬さ試験の詳しい定義、硬さ試験に使用される様々なアプリケーション、硬さ試験の準備方法、リソースのダウンロードなどについて紹介します。

硬さ試験について必要なすべての情報はこちらか

硬さ試験アプリケーションの注意事項をダウンロードする

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。