Struers Training courses

導入事例と記事

さまざまな導入事例と記事で微細構造の世界を探求しましょう。 ここでは当社のお客様と微細構造アプリケーション専門家が、様々なトピックについて課題、ソリューション、そしてその結果をご紹介しています。

  • 世界中から集まったお客様の導入事例からインスピレーションを得る。
  • 特定の微細構造トピックから詳しい情報を選択する。
  • 微細構造研究から研究内容、調査結果、新しい方法論などを探す。
  • 微細構造に関する知識と理解を深める。

ケースストーリー

モディス

宇宙時代の最先端分野

欧州宇宙機関が打ち上げを計画する際、モディスインターナショナルのチームがその材料を点検しています。 その部品は複雑なため、モディスは最新の方法と装置で作業したいと考えていました。 モディスはストルアスのアドバンスドトレーニングコースで学習し、複雑な部品での作業時に貴重な時間を節約する新しい合理化された工程を導入しました。

ウッデホルム

高合金鋼のアーティファクトの解消

高合金鋼製造業者のウッデホルムは、厄介な課題に直面していました。 試料内の半月状擦り傷の解消方法。 ウッデホルムの解決策とは? 3人の従業員が、スキルを改善するためにストルアスのトレーニングコースに申し込みました。 現在、スクラッチの問題は解消され、ウッデホルムは試料作製方法を改善できました。

ボッシュ

ロバートボッシュSRLが不可視対象の精度を5 µm以内に向上させた方法

ルーマニアのロバートボッシュの自動車電子部門は、マイクロエレクトロニクス基板内の非常に小さな不可視対象の試料作製時の精度を向上させる方法を求めていました。 ストルアスが提案した解決策は、精度を5 µm以内に向上させただけでなく、試料作製時間を半分に削減し、さらに消耗品の消費量を低減しました。

シーメンス

複雑なタービン部品の完璧な精密切断

シーメンスインダストリアルターボマシナリーは、微細構造検査分析のためにタービン部品の試料を作製します。 その部品は小さく、平坦でなく、付加製造された部品を含んでいるため、クランピングと切断に、非常に注意を要します。 シーメンスは、高精度、高速、効率的で制限のないクランピングが可能な切断機を求めていました。 ストルアスが提案した解決策は、セコトム-60精密切断機でした。

CIE Praga Louny Case story

品質試験の最適化によって、コストを50 %削減

時間は、主に機械部品を製造しているCIEプラーガローニa.s.の生産工程において極めて重要な役割を果たしています。 そして、新しい生産ラインの導入後、同社には製造されるフランジ焼き入れの品質試験に適したさらに効率的な方法が必要でした。 同社は、ストルアスと協力して50 %の送り速度の向上、50 %のコスト削減、3倍の切断ホイール寿命の向上を可能にした新しい切断面作製工程を開発しました。

シーメンス セコトム

試料作製時間を60分から11分へと削減

スウェーデンのシーメンスインダストリアルターボマシナリーABは、新素材のチタンの試料作製に問題を抱えていました。 試料作製時間が長いうえに、チタン表面には擦り傷が多くできていました。 非常に経験豊富な同僚がこれまで見た中で最高の出来と評価した試料は、ストルアスTPMコースで学習した新しい方法の結果です。ご覧ください。

記事

電解研磨

「素早く試料作製できますか?」

電解研磨は、機械研磨と比べて試料作製準備の時間が短縮されるのみでなく、特に軟質および硬質材料において実質的に変形のない材料除去など、幅広いメリットがあります。 しかし、デメリットもあります。 電解研磨が最も有効なのはいつでしょうか?

この記事では、ドイツの材料学会 German Materials Society の「試料作製」作業グループが実施したラウンドロビン・テストの結果を紹介します。このテストでは、10か所の異なるラボで、電解研磨の長所と短所を評価し、機械的試料作製と比較して、特定の材料に対する詳細な推奨事項を示しています。 これは、迅速なルーティーン方法として電解研磨を検討しているラボにとって必読です。

HVOF コーティングの硬さ試験

炭化 HVOF スプレーコーティングの硬さ試験と顕微鏡評価

炭化コーティングは、特定の業界で摩耗保護として使用されています。硬さ値はコーティング品質を測る重要な指標です。 では、硬さのばらつきの許容値とは何でしょうか?また、硬さ試験 HVOF (high velocity oxygen fuel) 溶射コーティングの変動の原因は何でしょうか?

この記事では、ドイツの材料学会 German Materials Society の「試料作製」作業チームが実施したラウンドロビン・テストの結果を紹介します。このテストは、19の会社および機関が参加し、炭化 HVOF 溶射コーティングの潜在的な硬さのばらつきの許容値を判断しました。 この記事では、試料作製とその方法、顕微鏡評価について詳細に説明し、許容可能な硬さのばらつきを明確にする方法論と指標を説明します。

オーステナイトの粒度

オーステナイト鋼の粒度

粒度は材料技術の重要なパラメータです。 しかし、高合金オーステナイト鋼の粒度の自動決定は、双晶形成や材料特性に起因するその他の特定の問題のため、注意が必要です。

この記事では、ドイツの材料学会 German Materials Society の「試料作製」グループが実施したラウンドロビン・テストの結果を紹介します。 そこでは、機械的および電解的な試料作製方法と、化学エッチングおよび電解エッチングによる対照的な照明を使用して、粒度測定のための耐食性オーステナイト鋼の試料を作製する場合の可能性を示します。

スペシャリストの紹介

アプリケーションスペシャリストの紹介

多様な産業における長年の経験を備えたStruersアプリケーションスペシャリストが、世界各国の弊社顧客に品質管理、不具合分析、生産性をそれぞれ向上させるための新たな機会を発見することを可能にしています。お客さまは、新たなアプリケーションと方法の開発および伝達にあたって、弊社のアプリケーションスペシャリストに頼ることができ、進化する要求に応えられるよう支援を受けられます。

  • 9カ国で対応する27人のアプリケーションスペシャリスト
  • 学問的に最高水準の理論的知識
  • 実践的なハンズオントレーニングに関する専門知識
  • 知識共有に対する献身的な取り組み
  • 常時、サポートを利用可能

アプリケーションスペシャリストを見る。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。