Struers Training courses

微細構造に関する記事

ストルアスの微細構造アプリケーションスペシャリストが提供する、様々なトピックに関する詳細な記事で、微細構造の世界を探ります。

  • 特定の微細構造トピックから詳しい情報を選択する。
  • 微細構造研究から研究内容、調査結果、新しい方法論などを探す。
  • 微細構造に関する知識と理解が深まる。

電解研磨

「素早く試料作製できますか?」

電解研磨は、機械研磨と比べて試料作製準備の時間が短縮されるのみでなく、特に軟質および硬質材料において実質的に変形のない材料除去など、幅広いメリットがあります。 しかし、デメリットもあります。 電解研磨が最も有効なのはいつでしょうか?

この記事では、ドイツの材料学会 German Materials Society の「Sample Preparation」作業部会が実施したラウンドロビン・テストの結果を紹介します。このテストは、10か所の異なるラボで、電解研磨の長所と短所を評価し、機械的試料作製と比較して、特定の材料に対する詳細な推奨事項を紹介します。 これは、迅速なターンアラウンドタイムを満たす方法として電解研磨を検討しているラボにとって必読です。

HVOF コーティングの硬さ試験

炭化 HVOF スプレーコーティングの硬さ試験と顕微鏡評価

炭化コーティングは、特定の業界で摩耗保護として使用されています。そのため、硬度はコーティング品質の重要な指標です。 では、硬さのばらつきの許容値とは何でしょうか?また、硬さ試験 HVOF (high velocity oxygen fuel) 溶射コーティングの変動の原因は何でしょうか?

この記事では、ドイツの材料学会 German Materials Society の「Sample Preparation」作業部会が実施したラウンドロビン・テストの結果を紹介します。このテストは、19の会社および機関が参加し、炭化 HVOF 溶射コーティングの潜在的な硬さのばらつきの許容値を判断しました。 この記事では、試料作製とその方法、顕微鏡評価について詳細に説明し、許容可能な硬さのばらつきを明確にする方法論と指標を説明します。

オーステナイトの粒度

オーステナイト鋼の粒度

粒度は材料技術の重要なパラメータです。 しかし、高合金オーステナイト鋼の粒度の自動決定は、双晶形成や材料特性によって生じるその他の特定の問題によって困難になる可能性があります。

この記事では、ドイツの材料学会 German Materials Society の「Sample Preparation」作業部会が実施したラウンドロビン・テストの結果を紹介します。 そこでは、機械的および電解的な試料作製方法と、化学エッチングおよび電解エッチングによる対照的な照明を使用して、粒度測定のための耐食性オーステナイト鋼の試料を作製する場合の可能性を示します。

Modis
Uddeholm
Bosch
Siemens
スペシャリストの紹介

アプリケーションスペシャリストの紹介

多様な産業における長年の経験を備えたStruersアプリケーションスペシャリストが、世界各国の弊社顧客に品質管理、不具合分析、生産性をそれぞれ向上させるための新たな機会を発見することを可能にしています。お客さまは、新たなアプリケーションと方法の開発および伝達にあたって、弊社のアプリケーションスペシャリストに頼ることができ、進化する要求に応えられるよう支援を受けられます。

  • 9カ国で対応する27人のアプリケーションスペシャリスト
  • 学問的に最高水準の理論的知識
  • 実践的なハンズオントレーニングに関する専門知識
  • 知識共有に対する献身的な取り組み
  • 常時、サポートを利用可能

アプリケーションスペシャリストを見る。

アプリケーションスペシャリスト

専門家に御相談ください。